ひつじのいえ

sorairohit.exblog.jp
ブログトップ

キッシュカフェ

こんにちは 今朝は氷点下6℃でした。
寝ていて久しぶりに頭が冷えました~

お昼になったからと言って気温が上がったわけでもなく
まだ氷点下なんだけど どうしても郵便局に行かなくてはならなくて しっかり着こんで、頭も顔もストールでぐるぐる巻きにして外に出ましたよ

おーーーーー吹雪 寒い・・・・・・
氷点下のおかげで雪はキュキュと鳴るほど軽く、滑らず歩きやすかった
うちは山の中腹(高台と言うとカッコイイ)にあるので、
郵便局までは下り坂 郵便局で用事を済ませて 気になって気になっていた
郵便局のお隣に去年出来たキッシュカフェに勇気を出して入りました
お隣は小さなお花屋さんで、そこはお花が安くて時々行くのだけど
はじめてカフェにひとりで入るのは・・・・
しかも、こんな田舎だから人が入ってるとこ見たことないし・・・・

エイ!と心で叫んでドアを開けた
「いらっしゃいませ」と元気な声がした
意外と広くてどこに座ろうかな?と見渡して
真ん中の壁側の道路が見える方に座ったよ

白木の角の丸いテーブルといす

私好みのミルクガラスのライトが
ひざ掛けもあったかかった
メニューはキッシュとホットパイと手入れのオリジナルコーヒーetc
ひとりで全部手づくりしているからメニューは多くない
キッシュも頂きたかったけど
今日はエビとブロッコリーのパイとコーヒーにしてみた
彼女が作っている間に いい匂いがほわほわしてくる~幸せな待ち時間
かもめ食堂 みたいと思った!
お店には私ひとり 静かなBGMは流れているけど キッチンの音がわくわくする

『キッシュ』ってはじめて食べたのは 中東の国で暮らしている時、
奥様会が色々あった クロスステッチ会(笑)を自宅で持ち回りでする
お茶と手づくりお菓子や簡単ランチをお出しするシステム
(かなり苦労した・・・・)
海外赴任の慣れてる奥様方はお茶のこさいさいなのかな・・・

ある若い奥さんがキッシュを焼いて出してくれたのが、
私がはじめてキッシュを頂いた日 その日までの彼女の事は、
キッパリしていて生意気そうに見えて怖かった(偏見ね)
良く話してみたらそんなことなくて 意外とやさしい
年上の私たちに照れながら
「私キッシュが得意なので」と言う言葉に私は目が輝いてしまった
確かホウレンソウのキッシュだった 美味しかった 8人くらいで分けたので、
一口だったのがとっても残念
ひとり占めして食べたかった
こんなに美味しい物作れるのに私の偏見ごめんなさいって感じ
美味しかった!忘れられない あれ以上のキッシュがあるのだろうか!

だから、キッシュカフェがすごくすごく気になっていたんだ 
でも、キッシュは頼まず次回にとっておいた。
あれこれ思いめぐらしていると 注文した、コーヒーとパイがテーブルに
ちょっと濃い焦げ目のパイが本当に美味しかった
コーヒーの器もかわいくやさしい味であったまった

外は、おばさんやおじさんが吹雪に飛ばされて歩いているのに
だあれもいないこの店で
あったかいパイとコーヒー
私はぽかぽかで幸せだ
これで ぽかぽかで家まで吹雪の中でも登って帰れる気がする

彼女と少しお話して 「今度はキッシュ頂きにくるね」とお会計してる所に
おばさんがひとり入って来た
私もおばさんだけど、もっとおばさん
『わぁ良かった』と思いながらお店を出た

かもめ食堂みたいにお客さんが増えるといいなぁ


日本中 寒いみたいだね 時々 
新しいことするのもいいね


[PR]
by sorairohituzi | 2014-02-05 13:18 | おひるごはん

ひつじ☆です。穏やかで小さな暮らしを目指しています


by ひつじ